音痴を直す方法

音痴の直し方

歌が下手なおかげでカラオケに行けば笑われる、そんな嫌な思いを抱いているのであれば、音痴を直す方法を知っておきたいところです。本当に矯正できないケースも中にはあるものの、大部分は正しい方法で練習すれば改善します。

これまでにも歌の練習はしてきたと思う方もいるでしょう。しかし、正しい方法でトレーニングをしてきた経験はあるでしょうか?歌手を目指すような場合でなければ、そんな機会はほとんどありません。音痴を解消するチャンスは、自分から求めなければやってこないのです。

本格的なボイストレーニングは、元々歌が上手い人が、さらに高みを目指すことを目的にして発展しています。これに対し、音痴を直すための練習法は広まっていません。一部の人には強烈なニーズがありながらも、置き去りにされてきてしまっていたのです。

そのため、音痴の直し方としては疑問の残る方法を使って克服しようと努力してきた人も少なくありませんでした。しかし、人並みに歌えるレベルに引き上げることを目的にした方法も見られるようになってきたので、歌に苦手意識を持っている方にとっては望ましい環境になってきました。

音痴の原因

大別すると2種類に分けられ、耳が悪いために音を正確に捉えられないことと、思うような音程を出せないことが原因となっています。一言で音痴と言っても、この2つの間には大きな差があります。

基本的に前者は少数派です。そして、この場合には音痴を直すのは難しいでしょう。なにしろ、本人の聴覚に問題があって音を聞き分けられないのだから、的が見えずに物を投げているようなものです。極端な話、難聴でまったく聞こえないのでは、うまく歌うのは無理でしょう。

これに対し、後者は改善が可能です。音痴の直し方を調べて見つかるのは、こちらに該当します。人間の声も音を出す点では楽器と同じなので、自分の体を上手に使って思い通りの音程にコントロールしようというわけです。

なお、歌っている時には音程やリズムがずれていることに気付かないものの、録音したら理解できる場合には後者に該当するので、直すことはできます。

カラオケで音痴がばれないための工夫

本格的に歌唱力を高めるのがベストな道ではあるものの、そんな暇もなくカラオケに行くことになってしまう場合もあります。事前に準備をする時間もなく、その場の会話の流れでカラオケに行かなくてはならなくなるケースもあるでしょう。

そんな時には音痴を急に直すのは無理なので、歌いやすくカラオケで盛り上がりやすい曲を選ぶことが重要です。たとえば、SMAPの「世界に一つだけの花」は知名度が高く、皆で歌いやすい曲なので、うまく誘導すれば独唱を防げます。

テンポの速い曲を選んでおくと、じっくり聞かせる雰囲気にならないので、リズムについていける範囲であれば音痴と悟られづらいでしょう。高音のパートがある曲は難易度が高いので避けてください。無理に裏声を出そうとすれば、大失敗を招きかねません。

カラオケは雰囲気をコントロールしやすい空間なので、皆の注目を一身に集めて聞き入らせることもできれば、思い切り盛り上がることもできます。歌唱力に自信がないのなら、盛り上げておくのがごまかすために有効です。

音痴克服のための方法

まずはボイストレーナーを付けて、本格的なトレーニングを行う方法があります。個人で雇わなくても、ボーカルスクールに申し込めば、ボイトレができます。ただし、前述のように、これは歌が上手い人がさらに上達するためのメニューが基本なので、音痴の直し方としてはベストではありません。しかも費用は高額になります。

場数を踏むために、とにかくカラオケに通い詰めて歌う方法もあります。残念ながら、これでは自己流の悪い癖が強くなっていくだけで、根本的な解決にはならない可能性が高いです。音痴を克服するには、本来長い時間は要りません。要はコツをつかんでしまえばよいので、難しいテクニックやトレーニングは不要なのです。

音痴を克服することに特化して作られたマニュアルを元にして練習をする方法があります。プロのボーカルを目指すのではなく、まずは歌が下手な状態から脱却することがコンセプトであるため、無駄のないメニューで済み、短期間で効果を期待できるものもあります。

具体的には、 「マジックボイス」はたった7日間で音痴を直すことを目的に作られたプログラムで、実際にこの方法を試して効果がなかった場合には、返金を受けられます。たとえ歌唱力が上がらなくても、お金を払ってしまえばそれまでというものが大多数の中、画期的な保証ではないでしょうか。

成果が上がらなくても、練習に費やした時間ばかりではなく、かかったお金まで自己責任で支払わなければならないと思うと、一歩を踏み出すのに戸惑ってしまいます。それなら、返金保証の付いた方法で安心してスタートしてみてはいかがでしょうか。

音痴を直すための期間

とにかくガムシャラに練習するのも悪くはないにしても、効果があるかどうか分からないまま、期間も決めずにトレーニングをするとモチベーションを保つのが難しくなります。そのため、ある方法を試すにあたって、あらかじめ継続すべき期間を確認しておきましょう。

十分な練習量があるにもかかわらず成果がまったくないのであれば、その方法に問題がある可能性を考慮しなくてはなりません。いつまでも音痴が直らないのであれば、それは練習のやり方が悪い可能性があります。

本来、正しい方法であれば数日で歌声が変わってきているのが分かるはずです。少なくても、数ヶ月にわたってトレーニングをするものではないので、音痴を克服するという目的に絞る限り、あまりに長い期間を要する場合には不信感を抱いておいたほうがよいでしょう。

長期間に渡って練習が必要であれば、挫折する人の割合が高くなります。その結果、たとえ効果的とは言えない方法であっても、そもそも最後までやり切る人が少ないため、適切な内容ではないことをごまかせます。そうした罠にはまらないためにも、歌唱力を短期間でアップさせる方法を選ぶことをお勧めします。

あのひどかった歌声が!
1週間で人並みよりちょっと上の
歌唱力になった理由とは?